とにかく明るい安村、不倫の代償はシャネルのバッグ

ここにも、不倫発覚で痛い目に遭った男がいます。
お笑い芸人の“とにかく明るい安村”さん。一般女性との不倫騒動が、3月31日発売の週刊文春で報じられて以来、久しぶりにマスコミの囲み取材に応じる機会があったそうです。

「ちょっと自粛していて…、いろいろご迷惑をおかけしました」と苦笑い気味に取材を受けた安村さん。週刊文春で不倫が暴露されてから「奥さんにはめちゃくちゃ怒られました」と、まるで罵倒されたごとく叱られたことを告白しました。

当日は「家に帰ったのが夜中だったので、起こして謝った。リビングの暗がりの中で、僕に向かって一言“クソが!”って言われました。朝まで謝り続けて許してもらいました」とてん末を説明。妻にも「パンツはいてました」と言ったということですが、「そんなの誰が信じるんだよ!って言われました」と厳しく断罪されたことを明かしました。

不倫の罪滅ぼしに、シャネルのバッグを要求されたといい、「30万円ぐらいのやつがほしいと言われました。買います…」と苦笑い。報道された女性とは「連絡も取ってないです」とキッパリ。「もうないです、誓います。本当にないので」と力を込めたそうです。

今回の不倫発覚で、浮気や不倫がいかに周りの人に迷惑をかけ、大きな代償を払わなければならないのか…。ということを、あらためて学んだ気がします。世の男性のみなさん、奥さん以外に気になる女性がいたとしても、心の奥底で想うだけの片想いにしておきましょうね。

平塚市で浮気調査