ホワイトニング後のNGについて

せっかく歯のホワイトニングをしたのに、タバコをすぱすぱ吸ったり、コーヒーや紅茶などを飲んでしまっては、せっかくのホワイトニングも台無しになってしまいます。
ここでは、ホワイトニング後に注意したい飲食についてご紹介していきます。

<ホワイトニングのメカニズム>
一般的に、ホワイトニングといえば、歯の表面のエナメル質に付着した着色物質を過酸化水素によって取り除くものです。歯自体を削ったり、溶かしているのではなく、着色物質のみ分解し除去しています。これは、過酸化水素が酸化する際に酸素が発生し、着色物質と結合・分解させるためです。そのため、歯を本来の白さに戻す効果があるとされています。

<ホワイトニング後24時間は避けたい飲食物>
■コーヒー・紅茶・日本茶
■トマトなどの色の濃い野菜
■焼きそば
■わさび
■焼肉・焼き鳥
■ブドウなどの色の濃い野菜
■カレー
■うがい薬
■ジュース類
■レモンなどの酸性の飲食物
■味噌・しょうゆ・からし
■口紅

基本的にPH5.5以下の酸性食品は、歯の表面のカルシウムを溶かし(脱灰)、歯の表面を荒らしてしまいます。しかし、唾液が酸を中和して、カルシウムが歯に戻ります(再石灰化)。この間は着色しやすい状態にありますので、注意が必要です。

また、ホワイトニング後に酸性のものを口にすると、この脱灰が大きくなり、元に戻りにくくなってしまうことがわかっています。
酸性のものが口に入ってくると、歯の脱灰を防ぐため、唾液が大量に出てきます。唾液が多く出る酸っぱいものは、酸性であることが多く、歯の表面を荒らす要注意食品とされています。

<ホワイトニング後でも口しても問題のない飲食物>
■水・牛乳
■白身魚
■ヨーグルト・チーズ
■大根
■パン・お米
■お吸い物など色の薄い食べ物

ちゅらトゥースホワイトニングの口コミはどうよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です