カテゴリー別アーカイブ: 浮気

浮気した彼氏が悪いと思うけど…

「私って、人として最低な事をしてしまったのでしょうか?」と友だちの麻衣子(仮名)から相談を受けました。

麻衣子の彼が浮気をして、大騒ぎになったときに彼は「相手とは終わりにする。絶対に別れるから…」と言い切ったそうです。その言葉を信じ、同棲を続けてきた麻衣子だったのですが、彼が帰ってくる時間が遅くなる日が続いたため、彼がお風呂に入っているときに携帯を盗み見てしまったそうです。

そこには、浮気相手の女性と会っていたような内容のLINEがありました。麻衣子は、「なんで嘘をつくの?」と問い詰めて、かなりひどいことを言ったそうです。すると彼は「女性と会っていたのは事実だけど、終わりにするよ。もう会わないと直接会って話したんだ」と答えたそうです。

彼が浮気相手と「別れるから」と言った言葉を信じたのに、一度は裏切られた事実があっただけに心のどこかで彼を疑っていたんですね。
彼氏は、LINEを勝手に見て疑ってばっかりの麻衣子に愛想を尽かしたのか連絡しても返信がなく、もう一週間になるのに帰ってこないそうです。

本当に悪いのは、浮気した彼氏だと思うけど、でも、もう一度、やり直すことができるかな?」と心配している麻衣子です。

府中市での浮気調査ならこちらの探偵社が安心です!

浮気と不倫で離婚の繰り返し

2b_s

ポン助が初めて結婚したのは27歳のとき。同じ会社の後輩だったA子と2年にわたる熱烈恋愛を経て結婚したのでした。

A子は寿退社をして結婚を機に、近所のスーパーでパート勤めを始めました。子供はなく、まだまだラブラブだったはずの結婚3年目の春のことでした。

ポン助の会社に新人のB子が入社してきました。B子の教育係となったポン助は、熱血指導。いつしか、二人の間に特別な感情が流れ始め、深い関係になるまで時間はかかりませんでした。

「出張だ!休日出勤だ!付き合いだ!」と嘘をついて家を空けることが多くなったポン助。そんな変化に奥さんのA子が気付かないわけはありません。

探偵会社に浮気調査を依頼し、動かぬ証拠をつかんだA子は、離婚と慰謝料を要求し、家を出て行ってしまいました。

B子は、ポン助と結婚できると思っていたのですが、なんとポン助は出会い系サイトで知り合ったC子に夢中になり、B子を捨ててしまったのです。
それから1年…。C子とは深い仲をキープしながら、ポン助は結婚サイトへ登録。そこで紹介されたD子と交際を始めました。

半年間の交際を経て、ポン助はD子との結婚を決意。しかし、C子には結婚のことは隠したまま結婚後も関係を続けていたのです。

D子には「仕事がら長期出張が多いので留守にすることが多いけど、しっかり家を守ってほしい」と結婚前から言っていたこともあり、C子との不倫はバレませんでした。

ところが、今度はC子が「私と結婚してほしい」と言うようになりました。最初のうちは「独身主義だから」とか「仕事が忙しいからまだ無理だ」とごまかしていましたが、なんとなくポン助を疑い始めていたC子は、ある土曜日の夕方にポン助を尾行。そこで、D子との家庭に帰って行く姿を見たのでした。

翌日曜日の早朝、ポン助とD子が住む部屋のチャイムを鳴らしたC子…。修羅場が展開されたのは言うまでもありません。結局、またしてもポン助は離婚と慰謝料を請求されたのです。

浮気や不倫が原因で2度の離婚を経験したポン助。さすがに懲りただろうと周りの人は思いましたが、同じようなことを繰り返してしまい、結局はバツ3の身となってしまいました。

今、4人目の奥さんと暮らしているポン助。「3回も慰謝料を払って一文無しだよ。もう離婚はしたくないから、浮気や不倫は卒業するよ…」と神妙な表情。

それでも「メールだけなら罪はないから、女性のメル友は複数いるけど」だって。