親の言いなりになった彼

後輩の女友だちから、「親友のことで相談があるんだけど…」と話しかけられました。

その女性は、1年半ほど付き合ってきた彼氏から「結婚前提で同棲しようと」言われ、彼が私の両親へ挨拶してくれた後、新居の契約も私名義でしました。賃貸に関わったお金は、彼氏に貯金がなかったため全部私が払い、いよい数日後には引越しを…というタイミングで「ごめん!なかったことにしてくれ!お前とは別れる」と一方的に通告されました。

理由を問いただすと、彼は「親に反対されたから」と言いました。私の家はちょっと複雑で、私は祖父母に育てられ、今も父親がどこにいるのか分かりません。祖父母が亡くなり、母と生活しています。

「こんな私の家庭環境も、すべてあなたの両親に報告して許しを得ておいてほしい」と念を押しました。彼氏は「俺が選んだ女性だから大丈夫だから」と言うばかりで、彼の両親に会ったのは引越しの日程が決まった後でした。

母を置いて家を出るのは申し訳ないけど、ちょくちょく顔を出せる距離だったので、彼氏との同棲を経て結婚を夢見ていました。

そんな時に突然の破棄に遭うなんて!彼女は、これからどうすればいいのか途方に暮れています。

西東京市での浮気調査ならこちらの探偵社が安心です!

恋人未満の彼女がほしい

結婚26年になる哀愁の中年男のAさん。

家に居場所はなく、平日はできるだけ遅くまで残業して、深夜までやっているラーメン屋へ寄って最終電車で帰るのが日課です。また休日は、朝から図書館へ出かけ閉館まで本を読んだり、新聞を見て過ごします。

「なんで自宅が嫌なんですか?」

「鬼嫁から『稼ぎが悪いだの甲斐性がない』などと言われ、食事も嫌々作るんで美味しくもなんともないんです。家にいても安らげないし…」

そんなAさんの夢は、友だち以上恋人未満の彼女を見つけること。何のあてもなく、紹介してくれる人もいませんが、そんなやさしい女性といっしょに晩ごはんを食べることができたら幸せだそうです。

「Aさん、本当にやさしい彼女がほしいのなら、離婚した方が早いですよ。女性は、奥さんのいる男性を警戒しますからね!」と教えてあげました。

「離婚ねえ~何度か話したことはあるんだけど、どうしても同意してくれなくて…。もうあきらめていたんだよね。でも、もう一度離婚を考えてみようかな」と言いました。

客観的に言えば、残念ですがAさんの家庭は壊れたも同然です。早く整理して新しい人生に向かうことが、夫婦お互いのためになると思います。

夫の浮気は許さない!動かぬ証拠をつかむ方法

浮気と不倫で離婚の繰り返し

2b_s

ポン助が初めて結婚したのは27歳のとき。同じ会社の後輩だったA子と2年にわたる熱烈恋愛を経て結婚したのでした。

A子は寿退社をして結婚を機に、近所のスーパーでパート勤めを始めました。子供はなく、まだまだラブラブだったはずの結婚3年目の春のことでした。

ポン助の会社に新人のB子が入社してきました。B子の教育係となったポン助は、熱血指導。いつしか、二人の間に特別な感情が流れ始め、深い関係になるまで時間はかかりませんでした。

「出張だ!休日出勤だ!付き合いだ!」と嘘をついて家を空けることが多くなったポン助。そんな変化に奥さんのA子が気付かないわけはありません。

探偵会社に浮気調査を依頼し、動かぬ証拠をつかんだA子は、離婚と慰謝料を要求し、家を出て行ってしまいました。

B子は、ポン助と結婚できると思っていたのですが、なんとポン助は出会い系サイトで知り合ったC子に夢中になり、B子を捨ててしまったのです。
それから1年…。C子とは深い仲をキープしながら、ポン助は結婚サイトへ登録。そこで紹介されたD子と交際を始めました。

半年間の交際を経て、ポン助はD子との結婚を決意。しかし、C子には結婚のことは隠したまま結婚後も関係を続けていたのです。

D子には「仕事がら長期出張が多いので留守にすることが多いけど、しっかり家を守ってほしい」と結婚前から言っていたこともあり、C子との不倫はバレませんでした。

ところが、今度はC子が「私と結婚してほしい」と言うようになりました。最初のうちは「独身主義だから」とか「仕事が忙しいからまだ無理だ」とごまかしていましたが、なんとなくポン助を疑い始めていたC子は、ある土曜日の夕方にポン助を尾行。そこで、D子との家庭に帰って行く姿を見たのでした。

翌日曜日の早朝、ポン助とD子が住む部屋のチャイムを鳴らしたC子…。修羅場が展開されたのは言うまでもありません。結局、またしてもポン助は離婚と慰謝料を請求されたのです。

浮気や不倫が原因で2度の離婚を経験したポン助。さすがに懲りただろうと周りの人は思いましたが、同じようなことを繰り返してしまい、結局はバツ3の身となってしまいました。

今、4人目の奥さんと暮らしているポン助。「3回も慰謝料を払って一文無しだよ。もう離婚はしたくないから、浮気や不倫は卒業するよ…」と神妙な表情。

それでも「メールだけなら罪はないから、女性のメル友は複数いるけど」だって。